生活習慣病の一つとも言われる痔の症状はいくつも種類がある

治療は早めがおすすめ

医者と看護師

色々な治療があります

体の不調にも様々な種類がありますが、痔もつらい症状のひとつです。初期の場合であれば市販薬でも対応できることがありますが、悪化してからとなると改善が難しいので、薬でも改善が得られない場合は早めに医療機関に相談することがおすすめです。そして痔といっても様々なタイプがあり、症状もそれぞれ違いがありますので、まずはどんなタイプかを確認し、それぞれに応じた改善策を選びましょう。痔の症状によって治療法は違ってきますが、比較的軽症であれば、医療機関でもまずは薬物による治療などで保存療法が行われることが多くなっています。そして薬による治療はもちろん、予防のためには生活の改善も大切です。まず患部は清潔に保っておくことが大事ですし、冷えも症状を悪くしてしまいますので、こちらも気をつけましょう。刺激物を摂りすぎることも良くありませんので、アルコールや辛い物などは控えておきちところです。さらに排便の改善も大事ですので、便秘や下痢が起きないよう、腸の健康を保つ努力も行ってみましょう。便意を我慢しないこと、排便のときにいきみすぎないことも大事です。薬での改善が難しい場合は手術で対応していくことも考えてみましょう。手術方法も持の症状によって変わりますが、軽度の場合であれば日帰りでの治療も可能です。より重症化している場合はしばらく入院が必要となることもあります。痔の手術中は麻酔がきいているので痛みを感じる心配はありませんが、麻酔が切れたら痛みが出てくる可能性がありますので、処方された痛み止めを活用しましょう。